2017/05/19

ブナ林のオオイワカガミ

もう終わりだろうなア、とは思ったけれどせめて残り花でもという事で、18日に滋賀と福井の県堺、赤坂山に行ってきました。
登りは前回(2013年)とは逆回りで周回。赤坂山の標高こそ824mですが寒風からの縦走があるので10キロは歩いたと思います。天気は良く伊吹山も琵琶湖も見えて、マキノ高原のスキー場から寒風まではブナとオオイワカガミの連続でした。カタクリはほとんど終わり、オオバキスミレがまだ咲いていました。

ブナではなく、ホオノキの見事な新緑です。
DSC_0121zz.jpg

展望地から寒風まで、ずっとブナとオオイワカガミです。
DSC_0152zz.jpg

花は登山口から歩き始めて30分後辺りから稜線まで、延々と。下のほうは終わっていました。
DSC_0149zz.jpg
>>続きを読む
その他の山 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/19

母の日のごちそう

母の日に何がいい?と長女が聞いてきたので、今年は家に遊びに行く事にした。たまにはゆったり一人で電車に乗って、流れる景色を見ながらなじみのない土地を訪ねるのもいいかと思って。といっても今は同じ県内に住んでいるので、1時間ほどで行けるのだけど。
数日前に石垣島を旅行して長女が釣ったという「ハタ」をごちそうになりました。刺身と煮付けは婿氏が調理してくれました。

turetayo.jpg

0516hata.jpg

漁師さんは「みーばい」とか言ってたらしい。もっちりして美味しいおさかなでした。半分もらって、家でもお刺身と煮付けにして食べました。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/13

山奥へハイキング

姑をデイに預けている間にちょこっと山へ。一時間で登れる山は私の範囲では限られている。昨日は揖斐へ。
それにしても今頃の朝の揖斐川堤防沿いはなんと魅力あることか。マツヨイグサにアカツメクサ、シロツメクサ、コウゾリナの黄色、ヘラオオバコ、ハルジオン、今では少なくなったオオキンケイギク、チガヤの白い穂、スカンポの地味な花、グラス類までもが彩り。もうすぐアザミも咲きそうだ。このまま堤防沿いで遊んでいたいくらいだが、そんな人はいない・・・それに私はイネ科の雑草による花粉症なので、そんな事をしたらアウトだ。
で、家から車で1時間半。小石の落石に注意しながら林道くねくね、登山口に着いたら、予感はしていたがやっぱりだあれもいなかった。ハイキングコースとは言えここは揖斐の山奥。遠くで子熊みたいな動物の声がするし、近くでツツドリがポポッポポッと低音で鳴いているし、やたらと巨木の多い登山道を、熊鈴鳴らして枯れ枝で音を立てながら歩いた。
DSC_0023aa.jpg
「月の株」・・ケヤキの木です。木の周囲が6メートル越えているという・・街中で見かけるあの端正な姿とはかけ離れている・・

DSC_0051a.jpg
今日の目的の花は、やっぱり間に合わなかったか・・・

DSC_0042a.jpg
山頂(743m)付近に多かったユズリハの新芽。新しい葉が出ると古い葉は落ちる。なので 「ゆずりは」。
>>続きを読む
野に山に | Comments(2) | Trackback(0)
2017/05/05

萌えドライブ

3日は妹たちと岐阜県の渓谷や峠道をドライブし、ヨモギを500gぐらい摘んできました。ヨモギなんて、我が家の家の前の土手にも生えるのですが、芽が出たばかりのまだ銀色がかった柔らかい、自然の中で育ったきれいなヨモギが欲しかったので。あく抜き・冷凍後、私はこれでパン、妹たちはヨモギ餅を作る予定です。
この日は一日で7,8時間は運転した事になります。帰宅は渋滞で・・さすがに疲れました。(妹たちは地元に近いけど運転はいつも私)

渓谷の木々の間から山桜が目立つ。裏木曽はどこもヒノキの植林で山が暗くなっているけれど。
DSC_0514a.jpg

峠道の途中で見た景色。
東濃地方に落葉樹の山はほとんどないと思います。全体が植林されている山ばかり。
DSC_0541aa.jpg

やっと芽吹いたばかり、萌える新緑です。
DSC_0546aa.jpg

山裾に牧場らしきものが見えていたのでアップ。(牛2頭が見える・・) 赤いのは何の芽吹き?
DSC_0560a_201705040937374d6.jpg

この景色を見ていた足元に、センボンヤリがコロコロ。
DSC_0551a.jpg

下の妹とはたまに山歩きをしますが、上の妹はリウマチなので山歩きが出来ません。春・秋にはこうしてドライブがてらのウォーキングに出かけます。二人とも山に囲まれた所に住んでいるのに、違う景色や空気がまたいいんでしょうね。
野に山に | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/01

イワウチワ目的の山へ

今年は例年になく春が遅く、奥深い揖斐の山々はやっと芽吹き始めたばかり。反対に昨年は春が早く来て、4月の中旬にはここ貝月山のイワウチワは満開だった。今年はその去年より2週間も時期をずらして来てみたのだけれど。

4月30日、貝月山ヒフミ新道より。↓小貝月の山頂(左)と歩いてきた尾根。まだまだ雪渓が残っています。
DSC_0383a.jpg

登山届を出し林道をかけあがって着いた駐車場にはだ~れもいませんでした。今日は一人なのに心細い事。
登山道歩き始めてすぐ。右手は昨年熊さんが皮剥ぎしたヒノキの植林。少し伐採されて明るくなっていました。
DSC_0293a.jpg
それでも熊鈴鳴らして歌いながら歩きます。たいてい「ぼくらはみんな生きている~」と言いう歌が多いです。なぜか。

芽吹き寸前の山の中、タムシバだけが目立ちます。
DSC_0298a.jpg

歩き始めて30分。最初のイワウチワ、咲いていました!
DSC_0304a.jpg
>>続きを読む
岐阜県の山 | Comments(3) | Trackback(0)
 | HOME | Next »