FC2ブログ
2018/10/16

ガトー・インビジブル

・・・というのは、フルーツをスライスして焼いたフランス発祥のケーキの事らしい。
りんごケーキを検索していたら見つけたこのレシピ、アップルパイよりずっと簡単そうだったしりんごも2個使うのが標準みたいなので消費するにはちょうど良かった。

インビジブル

りんごを薄くスライスして生地を絡めて50分も焼いたのに、生焼け? いやいや、牛乳70㏄使ってるし卵も2個入ってるから、プリンみたいな感じでもいいのだと。わからずに15分余分に焼いたので、リンゴが焦げてしまいました。砂糖もバターもパウンドケーキの半分量だし、フルーティでヘルシーなケーキ。
焼きたてよりも冷蔵庫で冷やした方が美味しい。粉砂糖ふりかけたらさらに美味しさアップ。

今月までの市の健康診断、やっと行ってきたので、2個作ってそのうちの一個を半分も試食。 秋だなあ。
(でも体重は去年より1キロ減って定着している。ご飯8分目に減らした成果かな。プールの後で買い物ついでにあんパン一個とか大福一個買って夕食前に食べるのをやめにしたからね。たま~には食べるけど。身長が去年よりさらに4ミリ減ったのはちょっとショック・・・)
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
2018/10/07

御嶽山へ②

日本最高の高い位置にある二の池。池は他に一から五まであり。
二の池

池は噴火の火山灰でだいぶん覆われてしまったそうです。
二の池アップ

この山荘(覚明堂)は噴火後けっきょく再開せず廃業に。
御嶽11

噴火しなくとも危なそうな登山道。
DSC_0450a.jpg

ガスの中に三ノ池も見えました。次はあそこへも。
DSC_0478.jpg

溶岩の中のクロマメノキ?の紅葉。
DSC_0493.jpg

8合目辺り、右手に女人堂。ダケカンバとハイマツと。その下にロープウェイ駅など。
DSC_0499a.jpg
>>続きを読む
長野県の山 | Comments(2) | Trackback(0)
2018/10/04

御嶽山へ①

ほんとうはもっと以前に計画があった御嶽山。噴火があった2014年以来、登るのを躊躇していました。
先月下旬に黒沢口コース9合目から御嶽最高峰の剣ヶ峰(3067m)までの登山道が規制解除になったというニュース。ただし今年は10月8日まで。年々衰えていくだろう体力。登るなら紅葉真っ盛りの今。6歳下の妹と行ってきました。
御嶽ロープウェイを利用して黒沢口コース7合目に合流。と言っても標高はこの時点ですでに2100m超えています。空気がうすく、夜明け前の4時過ぎに自宅を出て6時前に妹の家に行きさらにそこから2時間20分の運転をしたせいもありで、しょっぱなからきつい山登りとなりました。

今日のロープウェイは8時半から。15分ほど乗って山頂駅で、10分ほど歩けば黒沢口登山道です。
霊神碑が並ぶ8合目山小屋の女人堂辺りから。
御嶽1

黒沢口7合目から女人堂までなら1時間ほどのハイキングコース。あとは登山。
DSC_0413.jpg

登山道で紅葉しているのはウラシマツツジ クロマメノキ?シラタマノキの白い実も。階段きつい・・・
DSC_0422b.jpg

溶岩むき出しの登山道から、剣ヶ峰方面。
御嶽4

登ってきた後ろを振り返る。ガスがかかって後方の山々が見えない。
御嶽5

山頂までの稜線に月がかかっていたのでトリミング。石室山荘、上は廃業になった山小屋。
DSC_0437xx.jpg

9合目手前、2016年に営業を再開した石室山荘。ここまで2時間ほどかかりました・・
御嶽6
>>続きを読む
長野県の山 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/09/30

墓参りのついでに彼岸花

我が家のお墓は他県の大きな霊園にあり、車で35分くらいかかるので、秋のお彼岸は途中の道の駅で花を買い栗も数袋買ってから行くのが毎年の習慣だ。そして、帰りにはその少し先にある彼岸花の名所に立ち寄る事も。
彼岸花って赤いだけなので毎年風景は同じ、見なくともいいかなとも思うのだが、付近にサクラタデが咲いているかもと覗きに行った。以前はあんなにあったサクラタデ、時期的にまだ早いのかもしれないがそれでもそれらしいのが見当たらず。(9/26)

0926a4.jpg

やっぱり彼岸花には青空だよねえ。
0926b1.jpg

この日は最初は晴れてたけれどそのうち曇って来て帰る頃には雨がぽつりと。
0926b3.jpg

ぐるりと一周していい散歩にはなった。
0926c56.jpg

ここ津谷川の彼岸花は2011年と2014年にも撮っています。

野に山に | Comments(0) | Trackback(0)
2018/09/21

南木曽岳(なぎそだけ)

秋雨前線の最中2日間の晴れ間があり、19日に妹と長野の南木曽岳(1679m)へ。麓は妻籠宿(つまごじゅく)で有名なところです。
ナビで設定した蘭(あららぎ)キャンプ場から不安な思いでさらに林道を上ると、ちゃんと登山者用駐車場とトイレと避難小屋あり。貴重ないい天気なのに他の車が3台だけとは。
9時半出発、林道を歩きえん堤に出ると双耳峰の南木曽岳(左が山頂、右が摩利支天)。登山道は左の橋を渡って。
DSC_0167n.jpg

登山道分岐からは時計回りで左手から登り山頂を経て周回します。つまり分岐に戻るまでは一方通行。
木の階段&梯子、ハンパなく多し!
DSC_0170n.jpg

コウヤマキの林の中を歩く。
DSC_0176n.jpg

左手に岩にロープの道もあるが、巻き道の橋を選択。下が怖い。
DSC_0180a.jpg

まだまだ続きます、階段、梯子。しかも急登の連続。
DSC_0195n.jpg

ここまでくる途中に休憩していたら、あとから来た男性に、「ベンチの所で熊に会いました!」と教えられ。知らぬが仏でした(@_@;)

12時到着、2時間半かかりました。南木曽岳頂上は狭く展望もない。
DSC_0200n.jpg
暗い頂上はほんとに熊が出て来そうなので、さっさと後にして下山します。
>>続きを読む
長野県の山 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »