2017/11/18

「愛を読むひと」・・

借りたかったビデオは「きみに読む物語」だったはず→ラブストーリーだと思っていたが、実際は「ドラマ」のコーナーにあって、「ラブストーリー」のコーナーにあったのが「愛を読むひと」だったので、これだと勘違いして借りてきてしまった。
それが、とても切ない話で深く考えさせられた。切なくてどうしようもないのが好きな私にぴったりだった。
主人公はあの「タイタニック」のヒロインを演じたケイト・ウィンスレット。タイタニックのヒロインはきれいだけどちょっとふくよかで体型もがっちりで、ディカプリオに合ってない気がしてヒロインに感情移入できなかった、他にも理由はあるがそういう事もあって「タイタニック」は気に入らなかった。だけど、あの映画から11年後のこの映画。強く生きているけれどちょっと世間から外れた疲れた女の役がなんてピッタリなんだ。
そして、21も年下の少年を演じるドイツ俳優の子がこれまたいいんだな。撮影当初17歳だったそうだけど映画の中で関係を持つのが15歳。青臭い少年の感じがうまく出ている。あか抜けない感じがいい。初体験をして家で家族と食事中でのひそかな思い出し笑いとか、大人になった気がする優越感とか、共感できるはず。ビデオは完全無修正版で官能的なシーンが多いのに、きれいなんだなあ。(と言って、だれかと一緒に見るには・・・)

愛を読むひと
マイケルが友人から借りてきた「チャタレイ夫人の恋人」を読むのを聞いて、「卑猥だわ・・」というハンナ(笑)

最初は完全ラブストーリーかと思うけれど、突然ハンナが姿を消して何年か後に意外な場所でマイケルはハンナに再会することになり・・・そこからマイケルの苦悩の人生が始まるのです。
ネタバレは書きたくないので省略するとして(ネットで検索してください)、あの時どうしてハンナはあんな態度をとったのか、あの時あの場面でマイケルはどうして戸惑ったのか、何を考えたのか。ハンナはどうしてあんな決断をしたのか。
前半のベッドシーンが多いのも決して意味のない事ではない。がらりと変わる中盤以降への伏線も含まれていて、二人のひと時は、ハンナにとって「生きている」証が欲しかったからじゃなかったのか、とも思えてくる。
>>続きを読む
お絵かき | Comments(0) | Trackback(0)
2017/11/07

「リトル・ミス・サンシャイン」

登場人物の誰も彼もが愛しくなる。
おじいちゃん、ヘロイン吸ってエロ話するが、いい事も言う。
パパ、勝ち組にこだわる。
ママ、まとめ役。
兄、ニーチェを崇拝して9か月口を利かず。
妹、ミスコンに憧れるおデブちゃん。
叔父さんはゲイで自殺未遂で一家に引き取られ。
こんなバラバラ一家が、妹のちびっ子ミスコン出場のためにおんぼろ車でカリフォルニアまで出発する事になる。
最初、家族の中で唯一パパだけが「うっとおしい人物だなあ」と思ったのですが、そんなパパは中盤からぐっと頼りになり、ステキに思えてきます。
そして、何より、みんなを乗せて走るおんぼろ車が、かわいい!車も家族の一員なのです。
ラストもこれでいい。

ani1
イラストは、お兄ちゃんが自分の夢がかなわなくなった現実を知り、爆発するところ。
>>続きを読む
お絵かき | Comments(0) | Trackback(0)
2017/11/02

小津権現山、2年ぶり

小津
11月2日、小津権現山(1158m)より。手前は花房山。左にうっすら白山、右に乗鞍、御嶽山など。

10月は雨続きでどこにも行けず、11月。久しぶりの山は紅葉目当ての揖斐の小津権現山(1158m)にした。最近はどこで台風や大雨の影響で土砂崩れなどの通行止めがなされているかわからない。ここも一部林道が大きくえぐれていてやっと車一台がすれすれに通れるほどだった。下は崖。そのうち工事がなされるかも。

この日の出会いはこの牝鹿。5分くらい周りをうろついていた。
鹿
逃げようとせずあまり人を警戒していなかったので、まだ若い鹿らしい。

小津権現山
高屋山、前衛峰と二つのアップダウンを超えないと見えてこない小津権現山。前衛峰にはシャクナゲ群生地があり来年は期待できるかな。

小津
良い天気で、紅葉もこの前の台風で葉が飛ばされているかと思ったけれどまあまあで、友人にはきつかったらしいが3時間かかって山頂までたどり着く事ができた。(2年前は2時間半だった。友人のペースは確かに落ちている)
>>続きを読む
岐阜県の山 | Comments(2) | Trackback(0)
2017/10/22

「ブロークバックマウンテン」

非難されるかもしれないけれど、「タイタニック」が嫌い。「マディソン郡の橋」も。ただし、「風と共に去りぬ」は好き。
もともとラブストーリーはそれほど好きじゃなかった。若い頃オットと見た(見させられた)映画は黒澤明作品とかマカロニウエスタンとか「燃えよドラゴン」とか「2001年宇宙の旅」とかで。
でも、会社の先輩(女性)が映画好きでよく連れて行ってもらった時見たのは、「ある愛の詩」とか「ロミオとジュリエット」とか「ひまわり」とか「小さな恋のメロディ」とか「卒業」とか「サウンドオブミュージック」とかで、当時の若い女性の定番映画だった。
そんな中であの頃は同性愛モノも多少流行っていたのかな。タイトルは忘れてしまったけれど老画伯?と美少年が出て来たっけ。かなり詩的に美化されていた気がする。
実際は、偏見かもしれないけれど、またはテレビの影響かもしれないけれど(バラエティなどの扱い方がいけないんだ)、同性愛なんてなんかドロドロしてて滑稽で汚いと思っていたのは確か。今は世間でもだいぶん理解されるようになってきたけれど、まだそれでも・・・
ブロークバックマウンテン
イニス 「You know I ain't queer」
ジャック 「Me, neither」

「ブロークバックマウンテン」は最近レンタル店で借りて来た2005年制作のアメリカ映画。純粋なラブストーリーだった。今まで見た映画の中でたぶん一番胸をかきむしられたように感じた。5回繰り返して見てビデオ返して、その後1週間経っても余韻をずっと引きずっている。泳いでいても車に乗っていても夜寝る前にも夢の中でも今でも。
それが同性愛が忌み嫌われていた頃、1963年から20年間のアメリカ中西部の成人男性二人のお話。封切り当時話題になったらしいので見た人いるでしょうけど、やるせない、どうしようもない時代背景、世間体を気にし感情を押し殺し結婚もして生活に追われる主人公の葛藤はほんとにじれったい。ブロークバックマウンテンでの放牧中、一線を越えてしまった後に自分の持ち場に戻ったら、羊がコヨーテにやられてさらし物のように無残に仰向けで転がっていたシーンは、主人公の子どもの頃のトラウマと重なる印象的なシーンだった。
演じているのは今は亡きヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールで、二人ともこれが適役としか言いようがない。
>>続きを読む
お絵かき | Comments(0) | Trackback(0)
2017/10/04

「MOON」

今夜は中秋の名月だったと思い出して、寝る前に撮っておきました。満月は6日なんですが。

moon1004

ちょうど見終わったビデオが、「月に囚われた男」というSF映画で、短いお話ながらなかなかに良かったです。(原題「MOON」・2009年イギリス制作)
切ないんですよね。主人公が○○○○というのはわりと早くにわかるのですが、監視役のロボットがまさかその○○○○に○○○するなんて。泣けてきますよ。
ラストは意外な展開になりますが、手塚治虫ふうのストーリーで分かりやすいお話でした。
その前に見ていたのが、「インターステラー」という長編SF映画で、重力やらブラックホールやら4次元、5次元の世界なんて、何の事やらさっぱり理解できないお話でした。分からないなりに面白かったというのはいいかげんな感想かもしれませんが、それでも面白かった。
この二つの映画に共通したシーンがあるのですが、それが地球にいる家族をビデオで見て泣くシーン。
けっきょく、世界は宇宙も4次元も5次元もどこも愛で繋がるっていう事ですか・・・・
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »