2017/07/08

ウマく描けないけど「馬」

泣いても笑っても最終回が近い「ダウントンアビー」。
時代背景が20世紀初頭のイギリスなので、貴族の狩りのシーンがたまに出てくる。1910年代の伯爵令嬢メアリーはおしとやかに横乗りで登場するが、1924年のメアリーはまたがって乗っている。かっこいいのだ。

馬

このドラマ、登場人物がやたらと多いので最初はイギリス人の顔と名前の区別が出来なくて困った。しかも日本人から見たらイギリス人は最初はみんな変な顔に見える。慣れるのに時間がかかった。
クローリー家の長女メアリーはこのドラマの主要人物で、ほぼヒロインと言っていいだろう。透けるような色白で細身で確かに美人と思うが、異様に吊り上がった意地悪そうな眉は未だに馴染めないまま。性格も高慢だが、男性にはモテる。
次女イーディスは反対に、以前は母親からも「あの子には取り柄がない」と思われていたくらい地味だった。それが波瀾万丈な人生経験を積んで、今はステキな女性になったと思う。実際、シーズン1から見直すとずっときれいになっているのに驚き。

ドラマの話をするときりがないのでやめにして、今回のお絵かきのテーマは「馬」。
馬が走る姿は大好きだ(競馬には関心がないけれど)。
>>続きを読む
お絵かき | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/14

ネクストに切り替える

NTTから電話があったのは3週間前、今のフレッツ光プレミアムが廃止になるというおしらせで事前に案内のはがきも来ていたので、その場で光ネクストに切り替える予約をした。
設定はもちろん私。姑がいなくて自分の用事も特にない日が今日だった。
よりによって、梅雨時というのにこんなにさわやかにすっきりと晴れた一日を、部屋にこもって説明書とにらめっこ、あっちの配線、こっちの配線と振り回され、電話機とCTUが壁を隔てた別の部屋にある我が家の場合は説明書通りにはスムーズに行かなかった。(説明すれば長くなるので省きます。)
10時に始めて11時頃にひかり電話が開通、その後休憩・昼食とあったものの、見事インターネットの設定が完了したのは午後の2時過ぎだった。長くなったのは他に原因もあり、市販の無線LANのルーターを認識させるCDソフトが見当たらず、あちこち捜しまわったせいもある。
けっきょく、とりあえず有線でパソコンをネットに繋ぎ(今は使っていないLANケーブルを捜すのにも時間がかかった)、ルーターの販売元から最新のソフトウエアをダウンロードして解凍して・・・やっとこさ無線LANに繋がったのです。めでたしめでたしとなって、コーヒータイム。

今まで3つあったNTTからのレンタル機器、2つ返却します。今回送られてきたのは真ん中の黒いのだけ。差し引き1台分が少なくなったという事です。(右の機器は以前からある市販の無線LANルーター・引き続き使います) 配線コードをも少し整理しなくちゃ。
0614a.jpg

これをオットがするとなると「???」が私より付いただろう。インターネット接続アカウントってなんだったけ?とか、はたまたNTTからのお手紙のIDとか、無線で繋ぐにはどうするかとか、エトセトラ。資料の山に囲まれてイライラする事になる。なにしろ我が家のIT先駆者は私なので。(その後は長女のほうが仕事がら詳しくなったけど。今はまた私の出番) 
はああ~ ダイヤル回線からISDN、ADSL、フレッツ光、光ネクストと早くて便利になってはいるらしいが、そのたびに年を取って行く私たち、いずれ着いて行けなくなる日が来るのかも。 その時はネットにもさよならしてるかな。 

切り替えが終わったら、梅干しを漬けようと思っていたのに。出来ませんでした。
0614b.jpg
テレビで見た「さしす梅干し」を作ろうと思っているので、そのためには酢が足りず。もうすぐ姑がデイサービスから帰って来るので買い物には行けません。(この記事を書かなきゃ行けたのにね) 

ところでインターネット、少しは早くなったんだろうか?さっぱりわかりません。
今後は動画配信を見る機会が増えると思うので、期待はしているけれど。
日記 | Comments(4) | Trackback(0)
2017/05/31

ペーパームーン

怒涛の5月に突入したと思ったら、あっという間に春の花もバラも終わり、やっと一息ついたところでぽっかり穴が開いたようなさみしさ・・・久しぶりにお絵かきでもしてみるか・・・悲しい事に年々想像力が乏しくなってきて、今回は手っ取り早く、今までレンタルしてきた中でお気に入りになった映画のタイトル絵を真似して描いてみました。

ペーパームーン

私たちの世代の女性はたいてい見ましたよね、「ある愛の詩」。その主人公を演じたライアン・オニールが、ケチな詐欺師を演じています。そしてその詐欺師を「あごが似ている」というだけで自分の父親ではと疑う孤児の女の子。二人の珍道中の物語。

この映画をレンタルするきっかけになったのは、事前に見た「縞模様のパジャマの少年」というイギリス・アメリカ共同制作映画。その前が「ライフイズビューティ」で。つまり、ホロコーストが描かれている映画に足を突っ込みそうだったから。
ホロコーストは許されない事実ですが、それを扱った映画は苦手です。「シンドラーのリスト」とか、箱を手に取ってみたもののすぐさま棚に返してしまった。
「縞模様のパジャマ・・」、2度と見たくない映画になってしまいました。私の中では「火垂るの墓」よりも。映画自体は丁寧に出来ていて、登場人物のそれぞれの役割・立場・・・よ~く描かれていますが、あまりにも・・・

それはともかく、そのビデオの後には何かコメディぽいモノで気分を清算したいと思ったのです。レンタルだと何度でも見られるのがいい。ふつう感動したのは3度くらい見るけれど駄作だと飛ばして見てそのまま返す事もあります。「ペーパームーン」は気に入ったのでDVDビデオを買ってしまいました。(合わせて買ったのは「やさしい本泥棒」。)
こまっしゃくれた女の子がいい。爽快な気分になる映画です。やってる事とか二人の未来とか、気にはなるけれど、気にしないで見るのが一番の映画。

レンタルビデオ鑑賞もひとまず終止符。他のことが出来ない・・4月・5月は庭にも忙しくて、完全に家事を手抜きでした。そうでなくても手抜きがふつうの昨今です。
お絵かき | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/19

ブナ林のオオイワカガミ

もう終わりだろうなア、とは思ったけれどせめて残り花でもという事で、18日に滋賀と福井の県堺、赤坂山に行ってきました。
登りは前回(2013年)とは逆回りで周回。赤坂山の標高こそ824mですが寒風からの縦走があるので10キロは歩いたと思います。天気は良く伊吹山も琵琶湖も見えて、マキノ高原のスキー場から寒風まではブナとオオイワカガミの連続でした。カタクリはほとんど終わり、オオバキスミレがまだ咲いていました。

ブナではなく、ホオノキの見事な新緑です。
DSC_0121zz.jpg

展望地から寒風まで、ずっとブナとオオイワカガミです。
DSC_0152zz.jpg

花は登山口から歩き始めて30分後辺りから稜線まで、延々と。下のほうは終わっていました。
DSC_0149zz.jpg
>>続きを読む
その他の山 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/19

母の日のごちそう

母の日に何がいい?と長女が聞いてきたので、今年は家に遊びに行く事にした。たまにはゆったり一人で電車に乗って、流れる景色を見ながらなじみのない土地を訪ねるのもいいかと思って。といっても今は同じ県内に住んでいるので、1時間ほどで行けるのだけど。
数日前に石垣島を旅行して長女が釣ったという「ハタ」をごちそうになりました。刺身と煮付けは婿氏が調理してくれました。

turetayo.jpg

0516hata.jpg

漁師さんは「みーばい」とか言ってたらしい。もっちりして美味しいおさかなでした。半分もらって、家でもお刺身と煮付けにして食べました。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »