2018/04/20

間に合った花たち

季節があっという間に進んで行く今年の春。終わっているのではないかと心配して去年より5日ほど早く来てみたのだけど、けなげに残っていた春の花たち。

開き出したばかりのハウチワカエデの葉。
DSC_0279a.jpg

ワチガイソウ、エイザンスミレ
0419kouka1.png
キクザキイチゲ、ハルトラノオ

ヤマルリソウ、エンレイソウ
0419kuka2.png
カタクリ、フデリンドウ

このスミレは?
0419kouka3.png
シコクスミレでいいのでは。

芽吹いたばかりの新緑の中で、唯一のミツバツツジのピンク。
DSC_0331a.jpg
>>続きを読む
岐阜県の山 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/04/06

残念な若者

出かける機会が出来て、往復2時間の電車に揺られています。
お見合い座席(ロングシート)の場合、立っている時はつり革をつかんで外の景色を眺めているのですが、座っている時は目のやり場をどこにするか。眺めたくても真向いが空いていればともかく人が座っている時は、仕方がないので床をぼ~っと眺めているか自分の指を見つめているかマッサージしていることが多いです。他の人を見れば、大半の人はスマホ、イヤホンで何かを聞いている人、目を閉じて寝たふりしている人、下を向いている人、中には文庫本を読んでいる人(希少価値)等々。

娘のところへ通う時、たいてい名古屋駅を過ぎれば車内は半分くらい空きます。座席に余裕ができます。
その日は私の右横に名古屋駅から乗り込んで来た若者が座りました。
別にじろじろ見たわけではありません、ちょっと人目を惹くいでたちでした。まず金髪がロック歌手みたいに逆立っている。耳に白いイヤホン。手にはピカピカゴールドと黒の市松模様のハンドバッグ。短い黒の上着とパツンパツンのタイトなズボン。そして赤い靴。想像するに、美容関係??
その若者はバッグの他に何かの大きな黒い紙バッグを持っていて、それらを膝の上に乗せていました。私との間は30センチくらいの隙間。
しばらくして若者が顔の方に手をやり、コソコソ動かしてから、その手を斜め横に下ろしました。私の横に。見てなくても視界に入るんです。
そして、その手を、正確には親指と人差し指と中指をスリスリして(小指をたてたまま)、最後は何かを払い落したようなんです。
「あれ?」と思いました。ファッショナブルな若者なんですよ。手も白く、指も長そうで、銀の指輪が光ってた・・・
見なかった振りをしていると、10秒くらい後には再び同じしぐさ。さらにまた・・
膝の上には大きな紙バッグがあるので前の人には見えてないと思ったんでしょうね。それに前にいるヒトはおばさんとおじさんだけで、若い女の子はいなかったし。それとも無意識?
車内にて
けっきょく4回ほど顔に手を持って行き、コソコソ、それから腕を横に下ろして指スリスリ・パッパッを繰り返していました。
まあ、隣はおばさんですからね(私)。それに30センチの隙間がありましたから。気にならなかったんでしょうね。
けっきょく、コソコソ、いやホジホジして○○が取れたのか、スッキリした顔で(見えてないので想像)、次の駅でさっそうとおしゃれな若者は電車を降りて行きましたとさ。
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
2018/04/04

ほっと映画の日

長女の出産後の手伝いというか、仕事はほぼキッチンメイドなのだがそれはそれで役に立っているらしく、今のところ週3で片道1時間かけて応援に行っています。今日は休みなので久しぶりに映画を鑑賞してきました。
見たのは「ウィンストン・チャーチル」。まず、私の好きなイギリス映画です。風景がきれいなのはもちろんです。
主人公チャーチルはほぼ出ずっぱりです。演じるのはあの「レオン」で狂気の麻薬捜査官を演じたゲーリー・オールドマン。この映画でアカデミー賞主演男優賞。日本人の辻さんがアカデミー賞メイク部門で入賞していますが、上手く化けてもオールドマンのブルーグレーの瞳は健在です。
イギリス映画らしいジョークも散りばめられているし、「英国王のスピーチ」、「つぐない」、「ダンケルク」と続けて見ていたので、みんなリンクして非常に入り込みやすかった映画でした。吃音のジョージ6世がこの映画でも少し吃音で喋っていたのが好ましいし、愛煙家らしくタバコも吸っています。チャーチルのひととなりは知りませんが、きっとこういう人だったのだろうと思わせるくらい丁寧に描かれています。全体に流れる軽快な音楽が、チャーチルを愛らしく感じさせる。戦争場面は数カットくらいしか出て来ないのに、議会の場面ではバックに臨場感あふれる戦闘音が効果的に使われていました。トイレの中のウィンストン・チャーチル、「W・C」って・・彼の孤立を感じさせるシーンでしたが。
伝記映画ではなく、ドイツの和平交渉に応じるかそれとも最後まで戦い抜くかを決断をするまでのチャーチルが人間的に描かれている映画。泣く場面なんかないような内容ですが、いろんな関連映画を続けて見ていたせいでしょうか、演説の場面でついにうるっときました。
良かったですよ、この映画。(まあ好みがあるので他人の評価はあてにしないで映画は見るべきですが)
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/03/21

つながったよ、ありがとう

0320b.jpg
坊やのオムツ交換をする新米おとーさんと頭をなでているおかーさん・・・
逆子だったため3月16日に帝王切開となりました。
日記 | Comments(8) | Trackback(0)
2018/02/23

花束持ったリカちゃん

スタイを10枚ほど縫ったらすいすいとミシンの調子が良かったので、ついでにリカちゃんのブラウスとサロペットも作ってみました。(ドール本のカタログ参考です)
0223licca
バックは絵本の裏表紙。
>>続きを読む
リカちゃんのお洋服 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »