FC2ブログ
2016/04/18

イワウチワ・ころころ

4/16 岐阜県揖斐川町の貝月山(1234m)のヒフミ新道に「イワウチワ群生地」という看板が三か所くらいにあり、実際葉っぱもたくさんあるのに花が咲いている時期に登った事がなかったので出かけてきました。
時期はどんぴしゃり。今年はすでに雪はなく、登山道の隅に直径1メートルくらいの残り雪を見かけただけでした。

DSC_0135.jpg
タムシバの花や蕾があちこちに。黄色いダンコウバイやシロモジの花が目立つ。
DSC_0090.jpg

イワウチワはたしかに群生していました。下山時にも撮りましょう。
DSC_0122.jpg

マンサクの木はたくさんあったけれど花付きがまばらなのが多い。
DSC_0063_201604171013522ea.jpg

このコース、野草の花は少なく木の花が多い、しかしまだまだ春は遅い。
DSC_0036.jpg

北に見える真っ白な山はもちろん白山です。左、木の間から能郷白山。
DSC_0045.jpg

西に伊吹山。すぐ手前の尾根が歩いてきた登山道。
DSC_0033_2016041710533552a.jpg

明るくて道は広く、往復でも楽しい。秋もおすすめの山。
DSC_0129.jpg

朝よりも開いています。
DSC_0117.jpg

濃いピンクに、色白美人さんも。根茎は長く横に這うらしいので、行列ができるのでしょう。
pinkhana.png

この登山道は片側尾根を削ってあるようなので、その上に咲く花が立ったままで撮れます。
DSC_0123.jpg

DSC_0161.jpg
去年の秋に行った「長者の里」コースも変化に富んで面白かったけれど、オットがしばらく留守なので(なぜか石垣島)、今回は危険な箇所があるコースは避けました。奥深く、沢が多いあっちのコースにはどんな花が咲いていたんだろうな、気にはなりますが。

登山道や林道に咲いていた花たち。フイリシハイスミレ、ミヤマカタバミ、スミレサイシン、ボタンネコノメ、他。
kaitsukihana.png

帰り道、目の前のほわほわの山の景色に車を停めて。右の白い木はタムシバ。
DSC_0206.jpg

岐阜県の山 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示