2016/07/04

2016年:平瀬道の花①

冬に雪が少なかったので、早めに花が咲き出しているらしい。
そんな噂を聞いて夏本番まで待ち切れず、姑のいない梅雨の晴れ間に日帰りでいつもの平瀬道を途中まで、ちょっとだけ歩いてきました。

過去に7月の中旬に登った事はあるけれどまだ7月になったばかりのこの時期は初めて。なのに花の種類は中旬とそんなに変わっていないくらい咲いていました。それでも、ツマトリソウやミゾホオズキやハクサンチドリの花数が多くみられたので、やっぱり多少時期早めの平瀬道だったかな。いつもの場所から咲いているはずのハクサンフウロがまだ咲いていなかったし。

足元に続く白い小さな花、わかりますか?
DSC_0166a.jpg

ツマトリソウはだいたいこんな大きさで、花びらは7枚。
DSC_0167a.jpg

花びらの先が紅色に染まったのを昨年白馬岳で見たっけ。たいていは白。
DSC_0314a.jpg

ゴゼンタチバナも小さいけれど、ヤマボウシとかハナミズキとかと同じ仲間の「木」です。
DSC_0301a.jpg

マイヅルソウもこの時期が花盛りでした。
DSC_0256a.jpg

ハクサンチドリはけっこう下の方から咲いていて終盤でしたが、上部ではまだきれいなのが。
DSC_0175a.jpg

家に帰ってよく見たら、中に「ウズラ葉」がありました。
DSC_0175ab.jpg
群生が続くオオバミゾホオズキ。白い小さな花穂はスダヤクシュ。
DSC_0187a.jpg

葉に柄があるのが「ミゾホオズキ」、これは柄がないので「オオバミゾホオズキ」ですね。
DSC_0324a_20160706111459b5b.jpg

あまり多くはないけれど、グンナイフウロも。
DSC_0272a.jpg

ヨツバシオガマは咲き始め。
DSC_0222a.jpg

黄色いスミレ、キバナノコバノツメ。
DSC_0306a.jpg

コイワカガミは高山型のイワカガミ。
DSC_0202a.jpg

登山口のアカモノは終わっていますが、上部ではまだ花が。
DSC_0297a_20160704105719e63.jpg

アカモノよりも標高の高いところで咲くコケモモがみられるようになりました。もう少し行けばクロユリやハクサンコザクラもきっと咲いているでしょうが、今日はここまででおしまいにして引き返すことにします。今年の白山はひと月後に妹と行く予定です。
一番の目的だった花はその②で。
白山 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示