2016/08/06

2016年・観光新道

初心者の妹を連れて。夏の白山は今年で3年連続になる観光新道から。まだエネルギーがいっぱいの朝のうちに登れば、急坂の多い観光新道はそれほど辛くない。7時20分出発。
今日の山の予報は「曇りか霧のち一時雨か雷雨」、2時までに室堂へ着けば大丈夫かな。
DSC_0420b_20160806160300703.jpg

9時40分、室堂までの中間地点の仙人窟(いわや)手前からぼちぼち花が。霧が出てきて、景色が・・
DSC_0445b.jpg

殿ヶ池避難小屋で昼食。そこから上は、いろんな花が咲き乱れ・・
タカネマツムシソウの色の濃いのが咲いていた。
DSC_0459b.jpg

今年は去年よりさらに花が多い気がする・・けれども、「馬のたて髪」方向は真っ白。
DSC_0468aa.jpg

ハクサンシャジンが多い。霧の奥にはミヤマシシウドの群落が。
DSC_0471b.jpg

もうサラシナショウマ。手前はオニシモツケ。
DSC_0477b.jpg

ぽつりぽつり雨・・「本格的に降って来るかもしれないね」と妹をせかしながら、自分は花を撮る。

DSC_0480aa.jpg

12時30分、予想より早く来た雨。「馬のたて髪」標識の所でついに合羽を着ることになる。これからがいいところなのに!
カメラは合羽の下に入れて、それでも何枚か撮った。だって、花がとってもたくさん。
DSC_0485b.jpg

黄色はカンチコウゾリナ。カメラ濡れて故障しちゃうかも。
DSC_0494a.jpg

13時に黒ボコ岩。土砂降りです。カメラはザックにしまって、ここからは砂防新道から登ってきた人たちと合流する。室堂までの道は足元が川のようになり、渋滞もあって思うように進めず。妹の足が私より遅れ、振り向けばすっかりテンションが下がってお疲れの様子。

けっきょく室堂到着は14時10分頃。部屋に入って上着を替えたあと、妹は慣れないザックで肩が凝ったらしくそのまま布団の上に。止んだら散策に行こうと思ったけれど、いったん止んだ雨がまた降り出し、この日の行動はここまで。
食堂で、隣の人の生ビール、目の前の女性の缶ビールを見て、妹も缶ビールを。おかげで元気になった、とは?

翌朝は山頂へ。山小屋で寝不足の私は頭痛がして酸欠で、ここら辺の登りが一番きつかった。
少し遅れてご来光があり、昨日の雨もこれでご破算です。
DSC_0518bb.jpg

山頂より別山(一昨年あそこまで一人で行ったんだ・・)、白山室堂。今年は雪渓が小さい。
DSC_0532a.jpg

大汝峰← 霧 →剣ヶ峰
山頂から

残雪が少なく、花も早くに咲き始め、室堂周辺のハクサンコザクラは見当たらず、クロユリはすでに種に。
あそこに咲いているよと親切な男性に教えてもらった、咲き残りのクロユリ。
DSC_0535a.jpg

室堂のベンチで朝食の弁当を半分食べ、7時過ぎに下山開始。御前峰を後にエコーライン。
DSC_0547b.jpg

2日目は未だに行った事のない「お花松原」を予定していたのだけど、部屋で一緒の女性が自然観察会に参加して今年はすでにお花松原の花も終盤になっているらしいと聞き、行く気が失せました。例年なら10日くらいだろうか。今年は何もかもが早いと思ったから今頃かと予想したのに、もう咲き終わりらしいとは。(その女性はそれでも行ってみると出発されたようです。)
さて、今日の天気は・・昨日と似たようなものらしい。どうか下山するまで降りませんように。
白山 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
いろいろと咲いていていいですね~♪
伊吹山のお花畑を思い出します。

タカネマツムシソウ、やっぱり涼しいところではきれいですね!
いいなあ~ 羨ましいです。
数年前に千葉県の海の近くに咲くソナレ(磯慣れ)マツムシソウを見に行ったことがありますよ。色は薄かったです。
続き楽しみです。
No title
きょうも暑かったですが・・明日も暑いらしい。今年の夏は耐えられるでしょうか。

ソナレマツムシソウ、絶滅危惧種なんですね。今も咲いていてほしいですが。
伊吹山は最近行ってません・・悲惨なことになっているらしいです。
みんなで見たあの頃が今となっては懐かしいです。あの頃は初秋でしたが。とにかく10年前が夢のようです。
このタカネマツムシソウ、ひときわ濃い色でくぎ付けになりました。
シモツケソウも濃いピンクがあって。
このコースは花の多さでは白山一なので、特に花好きでない妹もキレイキレイを連発していました。
こんな素敵なコースの途中で土砂降りの雨なんて・・

画像いっぱいあって困るくらい、なんとか3部作に収めたいです。

管理者のみに表示