FC2ブログ
2016/11/03

木曽・田立の滝

今回は妹のリクエストで、長野県南木曽(なぎそ)にある「田立の滝/ただちのたき」から「夕森天然公園」へ。
滝、と言ってもいくつかの滝の総称で、決して観光気分で行くところではなくそれなりの装備が必要な、滝巡りをしながら登っていく山歩き、という感じでしょうか。そして、「天然公園」と言っても、標高は1560mある岐阜と長野の県境尾根の源流にあたる湿原なんだそうです。
妹は昨年の夏に一番上部の滝の上にある不動岩から林道入り口までしか行っていないので、ぜひその先の「夕森天然公園」まで行ってみたいと。私は初めてなので、面白そう。

まずは、妹が昨年行った不動岩展望台を目指します。あの岩のてっぺんですね。
DSC_0663a.jpg

頼りになる樹齢およそ350年の「さわら大師」・・他にもヒノキ・ヒバ(あすなろ)・コウヤマキなどの原生林が。
ta1.png
頼りにならない木の桟道・・腐りかけています。岩に沿い端っこを歩きロープで渡ります。

吊り橋大好き。いくつか渡ります。足元の板の隙間から谷底が見える。
ta2.png
ずっと谷を見ながら。紅葉は紅いマルバノキとシロモジの黄色。

木の橋はちょっと怖い。
ta3.png
カエデの紅葉。木々の間から滝の眺めを楽しみながら。

新しく作られたらしい吊り橋。
ta4.png
朽ちて通行禁止になっている個所もあり。最上部のそうめん滝・箱淵辺り。

いろんな滝が10くらいありますが、田立の滝に興味がある方はパンフレットででも。あえて二つ。
この渓谷で一番男性的な滝?天河滝。高さ40m。
DSC_0543a.jpg

反対に女性的な滝?龍ヶ瀬。
DSC_0566a_201611031404550de.jpg
滝に寄り道したので2時間半で不動岩のてっぺん・・というより恐る恐る端っこに立ちました。あいにく午前中は曇って、恵那山は霞んでいたので、足元を。拡大クリック
DSC_0578b.jpg
木曽に生えているのは針葉樹が多いです。周辺の山々も植林が多いので。

紅葉は山の上の方で針葉樹に混じって・・
ta5.png
イマイチ高揚感が伝わらないけど、隣の岩。その上で若者たち3人がお弁当・・・妹にならい、傍らの祠にお参りして。

不動岩から尾根を少しだけ登ると、ずっと続く林道が。「夕森天然公園」までは60分!
ta7.png
→は往復の帰り道。林道は平坦なので散歩気分になれそうだけど、熊の話ばかりして笹の中からホントに出て来そう。

昭和初期頃の林道には作業の鉄道が敷かれてあったそうで、これは素掘りのトンネル。
ta6.png
この画像も往復それぞれの方向から。短いけど、岩が崩れ落ちて来そう。

標識通り45分で天然公園の登り口到着。
暗いヒノキ林を15分登ると小さな湿原現る。何か咲くんだろうか。
ta8.png
右が夕森天然公園の頂上(1560m)。展望台は木々が邪魔して御嶽山やアルプスは、晴れていてもあまり見えそうには・・・
展望台周囲には、コウヤマキの木で囲こまれ大きなサラサドウダン?の大木が何本かありました。シャクナゲも咲きそう。

田立の滝・・スリリングな桟道の数々・・ダントツの「ちどり桟橋」です。
DSC_0560a.jpg

でも、徐々にこんな鉄網に取り替えられるのでは?この日も一部で作業中でした。
DSC_0650a_2016110314423725a.jpg
風情はないかもしれないけれど、安全第一。下山して協力金一人200円のところ二人分で500円、箱に入れてきました。(ホントは小銭がなかった)

その他の山 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示