2017/03/04

読書にビデオ鑑賞

山にも行けないそんな中で最近ハマっている事と言えば、読書にビデオ鑑賞だろうか。
久しぶりに図書館へ行って英国メイドや執事の本を借りてきて、その次はジェーンオースチンの小説でも読んでみるかと分厚いのを借りてきたはいいが、淡々としてたいしてストーリーもないような19世紀初頭の恋愛小説に、「私には向いてない」と半分も読まないうちに早々と返却をしてきた。従ってもう一冊はぜんぜん読まないで返す。
次に借りてきたのは、ガラッと趣向を変えて「タネが危ない」というお話。野菜のF1種への警告。これはおもしろかったです。形のいいもの・大きさがそろったもの・収穫期が一斉に同じ時期にできるもの・病気が出にくいもの・・生産者や市場には便利だとしても、雄性不稔のF1種の野菜を食べ続けているとやがては人間にも不妊症(男性側)の影響が出るのではないかというお話。
次に一年ぶりにツタヤの期限切れレンタルカードを更新してもらって、「ダウントンアビー」がしばらく放映されないのでその穴埋めにと借りてきたのが、1920年頃~1956年にかけての英国の執事のお話。「日の名残り」。作者はイギリスに帰化したカズオ・イシグロという人で私は知りませんでしたが、良かったので原作本も探して結局楽天で購入。今読んでます。ビデオにはアンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンが出ています。(同じ共演で以前にハワーズエンドを見たけれど、それよりずっといいかも)
そして。かねてから気になっていた「刑事フォイル」も借りてきましたよ。これは日曜日にBSで放送されているらしいけれど我が家は契約をしていないのでビデオを探していたんです。(DVDは昨年の8月ごろに出たばかりらしい)
「刑事フォイル」・・確かに刑事ものなんですが原題は「Foyle's War」となっていて、これもイギリスが第2次世界大戦の頃をバックにお話が作られているようです。
「日の名残り」に出てくるプロ意識高い執事スティーブンスと、刑事フォイル・・・どこか似ている。口元をゆがめる程度でほとんど笑わないけれど冷たいのではない。二人とも哀愁漂う英国紳士です。
この二つに比べたら、「ダウントンアビー」って確かに英国の昼ドラなのかも、とも思えたり。シーズン5の最終話では感動したが、取って付けたようなエピソードが最近多かったような気がします。それでも楽しみにしているシーズン6は?いったいいつ始まるの?まちがってうっかりシーズン6の結末あらすじを見ちゃったけれど、忘れる事にします。忘れるのは近頃得意。
「フォイル」の息子に「ダウントン」のチャールズが出ていたのはうれしい。
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ドラマとビデオ
noiさ~ん・刑事フォイルご覧になって!
うれしいです。
結構皆にいいわよっていうのですが見る人が少ない(^-^;(おもに体操仲間の同年配にですが)
ダウントン  アビー
大演壇で終わったのかと思いましたがまだ続きますか~
こちらは見ている友達が多くって結構話題になりますよ。
貴族の世界って・・・なんていろいろ意見が出ます。

ホイルの息子がダウントンに?
先週のドラマでは戦争から帰ってきましたよ!
サムのこと気にかけてました(^-^;

イシグロカズオの「日の名残り」映画も本も読みました。もうだいぶ前のことですが…・ホイルと似ている感じ?もう一度見直さなくっては!(^^)!

昨日は英国のロスチャイルド家直系の長女の方のシャーロット・ロスチャイルドのソプラノコンサートへ行ってきました。
英国名門の家族、ダントン・アビーのような暮らしの中で育ったのかな…なんてことも思いながら聞いてきました。

No title
メイさんが以前からおっしゃっていたフォイル、気になっていまして、DVDが出ていてうれしかったです。
さすがメイさんのおススメだけあります、第一話からとりこになりました。内容は暗いけど魅力的な登場人物、時代設定、絡み合う伏線、街並みや風景に癒されます。
幸いなことにツタヤで借りているのは今のところ私だけみたい?続きがほかの人に借りられませんように祈っています。1週間でDVD3枚が私の限度。同じ話を字幕で2回、吹き替えで1回は見ています。でないと、私の頭では整理しきれない時も。
今日からその第一話から再放送されるみたいですね。今のところ「50隻の軍艦」がよかった。あと「臆病者」も。まだ6話しか見てませんが。(NHKだと前後編で計12話分?)この先も楽しみになりました。父と子の関係がぐっときますね。
フォイルの息子はダウントンではメアリーに結局ふられちゃいますが。そういえば、シーズン5で終わりでもおかしくないですよね。メアリー以外は。トムの成長していく姿が良かったなあ、と。
ダウントンが、使用人たちだけの話だと地味ですよね、やっぱりあの豪華な衣装や調度品、お屋敷などがないと。

カズオ・・イシグロを知らなくて恥ずかしいですが、すごく読みやすく引き込まれてしまいました。他の作品もを読み始めています。

管理者のみに表示