2017/05/01

イワウチワ目的の山へ

今年は例年になく春が遅く、奥深い揖斐の山々はやっと芽吹き始めたばかり。反対に昨年は春が早く来て、4月の中旬にはここ貝月山のイワウチワは満開だった。今年はその去年より2週間も時期をずらして来てみたのだけれど。

4月30日、貝月山ヒフミ新道より。↓小貝月の山頂(左)と歩いてきた尾根。まだまだ雪渓が残っています。
DSC_0383a.jpg

登山届を出し林道をかけあがって着いた駐車場にはだ~れもいませんでした。今日は一人なのに心細い事。
登山道歩き始めてすぐ。右手は昨年熊さんが皮剥ぎしたヒノキの植林。少し伐採されて明るくなっていました。
DSC_0293a.jpg
それでも熊鈴鳴らして歌いながら歩きます。たいてい「ぼくらはみんな生きている~」と言いう歌が多いです。なぜか。

芽吹き寸前の山の中、タムシバだけが目立ちます。
DSC_0298a.jpg

歩き始めて30分。最初のイワウチワ、咲いていました!
DSC_0304a.jpg
登山道にも雪が残っていて、数ヵ所譲歩しました。
DSC_0346a_201705011631110d4.jpg

尾根を切り開いた歩きやすい登山道。左側にイワウチワ群生。
DSC_0342a.jpg

白っぽいのも咲いています。
DSC_0418a_2017050112020545a.jpg

右手の斜面にも、落ち葉に埋もれて咲いています。
DSC_0350a.jpg

葉がこげ茶色のイワウチワも。
DSC_0403a_20170505084342f2a.jpg
ヒフミ新道ではイワウチワは小貝月あたりまでずっと見られます。

オオカメノキ
DSC_0441a.jpg

タムシバ
DSC_0393a.jpg

マルバマンサク・・・地味な淡い黄色です。
DSC_0370a_201705011617292bd.jpg
シャクナゲはなんとか蕾はありそうでした。

麓の芽吹いたばかりの新緑。心までほわほわしてきました。
DSC_0482a.jpg

ずっと誰も来ないのかと思ったくらい静かな山歩き。でもお天気が良かったのとイワウチワが咲いていたので熊の事は忘れました。山頂では他コースから来た男性二人。あとからヒフミ新道を歩いてきた人はけっきょく7,8人くらい。麓のキャンプ場は家族連れや若い人たちで賑わっていましたが。
岐阜県の山 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
奥揖斐はいいなぁー
noiさん こんばんはです。

貝月山にいたんだ。
30日は僕も揖斐の山に入っておりました。
国見もイワウチワが満開でした。
揖斐の山もこれから賑やかになって面白いですね。
re:奥揖斐はいいなぁー
こんにちは、
国見峠からは10年ほど昔にC-NAさんや山男さんらと御座峰、笹又まで縦走したことがあり、イワウチワもよく咲いていたことを思い出しました。

貝月山の帰りに飯盛山寄ってみようと思ったんだけど、怪しげな林道で引き返してきました。
麓の揖斐高原も今の時期おもしろいかも。山菜取りに間違われそう。

白山は8月の2,3,4日を予定したいです。
No title
noiさん こんにちは
飯盛山から今戻ってきました。温泉に浸かって
っで、最高の花日和だったよ^^

>白山は8月の2,3,4日を予定したいです。
よろしくお願いしま~す。

管理者のみに表示