2009/09/01

3年振りのカリガネソウ

シロヤシオの咲く山で出会った初対面の年配のオジサマから、「カリガネソウの花の咲く所を知っていたら案内してほしい」と言われて、「時期が来たら電話します」と約束し、その時は別れました。
あれから一度も連絡を取ることなく3ヶ月あまりが過ぎ、「そういえばカリガネソウはもう咲いているはず」と思い出し電話したら、「明日行けるなら一緒に」ということで・・・・
登山口で待ち合わせ、登ってきました。

かりがねそう1

かりがねそう

下界は残暑がきびしかったようですが、樹林で囲まれた登山道は涼しく稜線に出ても乾いた空気と心地よい風で、伊吹山もくっきり見えて、快適な山登り。

笹がすっかり枯れてカワチブシ(トリカブト)は丸裸、以前はあんなにあったアケボノソウが見当たらなく、シロヨメナの花も心なしか貧相で・・・
ただカリガネソウだけが林の中で草むら状態で群生し、あたりに異様な匂いを放っていました。

念願の花に出会えて満足されたオジサマとは、ニッコリ笑って下山後にお別れしました。
鈴鹿の山 | Comments(10) | Trackback(0)
Comment
匂い
 この花を見ただけで、匂いが充満しそうです。^^;
それにしても、noiさんは、優しいですね。
初対面だったオジサマもさぞ、お喜びの事だったでしょう。

秋の装い
この花を見るとすっかり秋ですね
風に揺られると撮影が大変です。。。

オジサマは念願の花に出会えて大満足だったでしょう

No title
やはり自然の中で見たいですね。
庭にもいっぱい茂ってるけどいまいち風情が・・。

明日よろしくね。
No title
カリガネソウは、何年か前、藤原へ皆さんと一緒に行って以来、お会いしてないですね~。
あの時は、未だ山野草を撮り始めたばかりでした。
なのに、意地悪な風が邪魔して、撮り辛かった・・思い出しました。
伊吹にも咲いてるんですね。
知らなかった~(T_T)
No title
v-22pekoさん。
風下に回るとよくわかるんですよね。この匂い。
なんでこんなに咲いているんだろって思うくらいここには咲いているんですけど。

初対面、と書きましたが、実は某駐車場の係員さんで。もちろん話をしたのは前回に山で出会ったのが初めてでした。
花の好きな人に悪い人はいないって思ってますよ。


v-254まむさん。
たしかにこの花は揺れて揺れて・・
モデルはたくさんいたけれど、「あ~風止んで欲しい」と言うのが二人そろっての愚痴でした。

オジサマ、すてきな写真が撮れたでしょうか。


v-299C-NAさん。
お天気は晴れないけど日中は持ちそうですよね。

やはり林の中の逆光のカリガネソウは独特の世界です。
庭に植えても強いとはいえ、標高の高いところで咲くだけあって色も濃かったです。

v-378真理さん。
藤原ではなく御池ですよね、たぶん。
そうそう、そこなんですよ。
そこから伊吹山がくっきり見えていたんです。

この花、花期が長いからまだ1週間は楽しめると思いますよ。一時間半くらいでたどりつきます。


ニアミス?
ご無沙汰しています。
カリガネソウのタイトルにつられてやってきました。
1日に行かれたんですね。
私は31日に出かけました。
台風一過を期待していたんですが、強烈な風とガスの一日でした。ヤッパリ、日毎の心がけですね。

久しぶりの鈴北岳、ササが枯れ、カワチブシは息も絶え絶え、アケボノソウのところは皆んな裸地になってましたね。
どうなっているんでしょう?

カリガネソウだけはnoiさんも書いておられるように雑草状態、凄い勢いですね。

noiさんのステキな写真、楽しませていただきました。
No title
HIROさん、こんばんは。
一日前に行かれたんですね。
一日違っても天気はだいぶん違っていたようです。

私も3年ぶりの鈴北岳、なのに、前回とずいぶん違ってちょっと驚きました。
笹が・・ほとんど枯れてるんですよね。それで赤茶けた茎のカワチブシがよけいに目立つんです。花はちらほら。葉っぱなんてお情けみたいに上の方に少し付いている程度で。

で、藤原のカワチブシが気になってきました。
今年も確かめてきたいと思っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
noiさん、ご無沙汰しています
カリガネソウ、懐かしいな
初めて見たのはこの山でした
ずいぶん様子が変わってしまったようですね
アケボノソウ、どうしたのでしょう?
でも、涼しくてよかったですね
今日、実家へ行く途中海上の森に寄って見ましたが、暑かった・・・収穫もなく(^^;
ところでヒルは大丈夫でしたか?
No title
内田さん、こんばんは。
カリガネソウの山、カリガネソウだけが元気でしたよ。
笹が枯れかけているのにはびっくりです。
苔のところもシダ類が増えています。
涼しくて乾いていたので、ヒルはぜんぜんみかけませんでした。
夜叉ヶ池のほうが蒸し暑かったです。

管理者のみに表示